杵築速見消防組合
TEL 0978-62-4341 FAX 0978-63-2078
その火事を 防ぐあなたに 金メダル
TOP  ›   お知らせ   ›  お知らせ個別
お知らせ

「通電火災の防止」について

 

 

1 通電火災とは

停電後、停電が復旧した際の再通電時に発生が懸念される火災

 

 

2 主な要因

(地震発生時)

(1)転倒した家具の下敷きになり損傷した配線などに再通電し、発熱発火する。

(2)落下したカーテンや洗濯物といった可燃物がヒーターに接触した状態で再通電し、

    着火する。

(3)転倒したヒーターや照明器具(白熱灯など)が可燃物に接触した状態で再通電し、

    着火する。

(4)水槽が転倒し露出した観賞魚用ヒーターに再通電し、周囲の可燃物に着火する。

(5)再通電時に発生した電気的火花により、漏れ出たガスに引火・爆発する。

 

(風水害発生時)

(1)家屋への浸水や雨漏りによる、電化製品の基板等の損傷により、再通電時にショ

   ートが生じ発火する。

(2)コンセントに水分が付着し、再通電時にトラッキングが生じ発火する。

 

 

3 主な対策 (停電時・避難時の対応)

(1)停電中は電化製品のスイッチを切るとともに、電源プラグをコンセントから抜く。

(2)停電中に自宅から離れる際は、ブレーカーを落とす 。

     ※平時から忘れないよう、玄関ドアに「避難時ブレーカー断」等の表示をしておく

   (停電復旧時の対応) 。

(3) 給電が再開されたら、浸水などにより電化製品が破損していないか、配線やコー

   ドが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認

   してから電化製品を使用する。

(4) 建物や電化製品等には外見上の損傷がなくとも、壁内の配線の損傷や電化製品内

   部の故障により、再通電後、長時間経過したのち火災に至ることがあるため、煙

   の発生やにおいなどの異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関

   に連絡する。

(5) 浸水等により一度水に濡れた電化製品は使用しない。

 

 

4 日頃からの備え

(1)住宅用分電盤の機能充実

  ①漏電ブレーカー:漏電を検知し電気の供給を遮断する機器

  ②コード短絡保護機能:配線の損傷や短絡を検出し電気を自動で遮断する機能

(2)感震ブレーカーの設置

 

 

煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし、消防機関に連絡してくだ

さい。